大腸内視鏡検査

大腸がん近頃よく耳にする病気ではありませんか?
排便時に大腸粘膜にある癌細胞と便が擦り合い出血し便の検査でも発見できるのですが痔と判断されたり正確さに欠けたり、すでに大きくなっていたり。そこでやはり、絶対にやりたくもない・・・と思われるであろう大腸カメラの検査が必要になってきます。早期に発見できればお腹を切るような大きな手術をしなくても内視鏡手術することも可能になります。当院の検査ではできるだけ痛みをは軽減し、短時間での検査を心がけております。

大腸内視鏡検査は医師の技量により精度に大きな差がでます。消化器内科専門医の資格を持つベテランの医師が全ての検査を担当致します。御希望の方は鎮痛剤を使用することも可能です。

この検査は腸の中を綺麗にしてから行れます。当日は下剤1800mlを3時間程時間をかけて服用します。凄い量なので驚きますがオレンジジュースのような少し酸っぱい味が付いているのでご安心下さい。(必要によりに前日に下剤を処方します。) 検査用のトイレもご用意しております。 腸の中がすっかり空っぽになり、いよいよ検査へという運びです。

    徹底した衛生管理を行っております。検査ごとに手洗いと洗浄機を用いて日本消化器内視鏡技師会のガイドラインに沿って洗浄および高水準消毒を実施しています。電解酸性水を用い内視鏡用洗浄機を使用しており、他の消毒液で報告されているアレルギーの問題もなく、体と環境にやさしい消毒液をされています。
daicho_1

通常観察

daicho_2

NBI観察